上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
「本を読め」
――ずいぶんと前に、そんなことを言われた経験のある自称物書きのイナ月です。どうも。

その一言は、私が書いたオリジナル小説を読んだ実の兄に言われたものです。普段から遠慮など微塵もないので、それが正直な感想だったのでしょう。

というか、勝手に読んでおいて最初の言葉がそれですか。

閑話休題。

「本を読め」 つまり、暗に 「基本を学べ、まず小説の書き方を知ってこい。お前はまだ書く段階じゃない」 ということだったのだと思います。

言われたその時に私はただ、そうか、と思っただけでした。

落ち込むことはなかったですし、何より自分が未熟なのはわかっていましたから。ただ単に、物語を作るという行為が楽しかっただけの時期でもありましたから。

「本を読め」 と、今言われたら、多少は落ち込むと思います。それは成長していないということだから。

まぁ、つまり何が言いたいのかというと、
おかしいと思ったところ、気になった点やここはこうした方がいいんじゃないか、矛盾している等の指摘は歓迎します。
ということです (話飛ぶなー

とは言うものの、サイトでは難しいか、とも思います。

どこか別の場所で修行をするしかないか……。さすがに、二次創作は家族や友人には見せられないから。
2008.07.29 Tue l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://sky3sea1.blog37.fc2.com/tb.php/98-943f3615
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。