上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
> 拍手SS更新されてた!!
今はスランプなのか倦怠期なのかよく分かりませんが書きたくなったら書けばいいんじゃないかと思ってます(無茶なこと言ってる気がする……すみません)
無理に早く更新しようとかと思わなくてもいいかと。
ゆっくりでも待ってるんで気楽にやってください

恋猫かわいい



掲載しときました、ブログでしか存在を告知しない拍手SS!
スランプ、倦怠期……。まぁ、いろいろありまして。
今、結構リアルが立て込んでいる状態というのが書けない一番の理由ですかね。一日パソコンに触れない日があったり、頭の中も別のことでいっぱいいっぱいだったり。気づけば朝だったり。
加えて使っているパソコンが家族共用で、自分が使用できる時間が限られていることも理由としてあります。
燃え尽きたのは何とかなりました。

>無茶なこと~
いえいえ、謝る必要はないかと! 仰るとおりだと思います。
しかし私は物臭人間なので、ある程度自分に制約がないと動かないので。無理はしない程度に頑張りたいのです!

一応、次の話は半分ほど書けています。ゆっくりやっていくぜ!

それと。
恋猫かわいい。これは真理。

  
スポンサーサイト
2010.05.27 Thu l web拍手レス l COM(0) TB(0) l top ▲
第六章ノ四を全然書き進められていない現状に深い絶望感を抱くわけですが、まだ諦めてはいない。まだ続きを書く気はある。

それはそれとして。

web拍手に番外短編「蜀での気侭な日常編」を載っけました。

とりあえず五月初旬に書いたやつ一つだけ。まだ南蛮の皆は登場しておりませんが。

内容は、まぁ、他の番外と同じく本編とはあまり関係ない短い話です。ただの日常ワンシーン。読まなくても全く問題ありません。

今回載せた話、実は<その3>くらいの位置づけにあるものなのですが。

まだ<その1>と<その2>を書き終わっていないので致し方なし。載せてしまう。そして相変わらずランダム出現。

それでは、次はここに第六章ノ四のあとがきが書けたらなぁと思います。イナ月でした。

  
2010.05.25 Tue l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
燃え尽きた。

  
2010.05.15 Sat l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
> 更新待ってました!!
祭が生きてるだと……
そして雪蓮の勘や推察力はとんでもないと思っちゃいました。
次回のタイトルがなんか楽しみでしょうがないwktk
いつも同じことしか言ってませんが、楽しみに待ってますのでゆっくり気長に頑張ってください

今のトップの方がスッキリしてていいですね。


お待たせしました!
生きていても戦線離脱……。
雪蓮さんパネェっす。
タイトルはいつも結構てきと……げふん。楽しみにしていただけるのはありがたい限りです!
いえいえ、いつも感謝しております。こちらこそ月並みな返事しかできず。待っている人がいてくださるので頑張れます。ありがとうございます!

トップはもう、前回が考え無しだった…。今のままでいこうと思います。


> 恋すきー

おお、同士よ!

  
2010.05.14 Fri l web拍手レス l COM(0) TB(0) l top ▲
他の作業していると、書き上げたものの事をうっかり忘れていたりする。そしてしばし放置される。それから思い出したように立ち返って更新作業する羽目になるのでした。

第六章ノ三、更新。

前回、前々回と同様、内容にはあまり触れないあとがきです。

そうなったら何のためのあとがきなのだろうとも思いますが、あとがきに意味など特に無い。故に無問題。

さて、以前書いていたように三人称が本文を占める割合が多くなってまいりました。視点ころころ切り替えてしまうのは何だかなぁと自分でも思うので今後考える必要があるかと。

まぁ三人称の方が執筆速度上がるのですが。

ちなみに、第六章はあと2話で終了予定。

奇数になるので調整したいけれど、実際書いてみないことにはわからないところもあるので、あくまで予定。

あと、トップページをいじりました。やはりごちゃごちゃしたままは良くないと思った次第。

応援バナーはローテーションさせるつもりです。今回は霞。更新の度に変えていけば、萌将伝が出る頃までには董卓軍回りきれるはず。

では、次話の更新時期は未定。

サブタイトルは 「第六章ノ四 そして決断されし心と」 となる予定であります。変更される可能性あり。

それでは、本日はこの辺りで。

  
2010.05.12 Wed l 連載モノの「あとがき」 l COM(0) TB(0) l top ▲
第六章ノ三、本文を書き終わりまして候。

さぁ、次話のプロット作りというか下書きに入りつつ、話を頭の中で流してプロットを修正しつつ、今後の展開も考えつつ、番外短編のネタも考えながら書きつつ。

そうしてある程度時間が経ったら三の推敲をして、その後に更新作業とあとがきだ。割といつも通り。

五月末からちょっとリアルが忙しくなるので今の内にやれることはやっておこう。……そんなやる気が続けばいい。

では、更新できる目処が数日中には立つと思うので近々更新予定ということで。

ちなみにサブタイトルは、第六章ノ三「川面に映る火焔の色は」 となります。とりあえず予定として。

それでは。

  
2010.05.08 Sat l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
執筆状況、第六章ノ三を半分くらいまで書きました。

連休万歳。しかし休みだと、それはそれで用事が入ることもあるので執筆が捗るかというとそうでもないのです。

さて。

現在、拍手お礼用の番外短編が一つ出来上がっています……が、さてどうするべきか。作業するなら纏めてしてしまいたい。もう一つ二つ書いてからにしようか。

しかし今のやつはエイプリルフールの使い回しであり、つまり新規のものではないものを載せている状態であるわけで、うぎぎぎ。

まぁ、ss差し替え作業する気が向いたら載せます(ぇ


それでは、執筆の方に戻りたいと思います。


…それにしても、あれだ。最近いろいろなものを裏切りの名の下に放り出したい衝動に駆られるのはなぜだろう。

  
2010.05.04 Tue l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
> 更新待ってました!!
次か、その次辺りで赤壁も決着がつきそうですね。ワクワクします。
原作をなぞると黒を出しにくいところがあるかと思いますが、それは今後に期待してます。
いつも、いつも応援してるのでゆっくりと更新なさってください。楽しみに待ってます!!

萌将伝のバナーがあってビックリしたwwwwww



お待たせしましたッ!!
仰るとおり、その次辺りに決着するのではないかと。
黒は原作シーンにはかなり出しにくいです。場違いなので。しかし今後に期待してもらっていいんじゃないかと思います! おそらく!
応援の言葉、ありがとうございます。励まされてます、頑張ります!

バナーは貼り付けた本人もビックリする事態になりましたw

  
2010.05.01 Sat l web拍手レス l COM(0) TB(0) l top ▲
では、「第六章ノ二」 のあとがきです。

地味に更新40回目。実は記念すべき今話だったりします。内容は原作沿いの面白みないものになってしまいましたが。

さて前回に引き続き語ることがないのであります。

むしろ第六章は全部終わってからあとがくべきのような気がいたします。

それにしても、主人公が武将でも軍師でもないと戦では影薄くなりがちになるものです。ストーリーに影響とか与えられないのはやはりなぁ…。

今回の話は第六章のプロットを作る際に捻るべきか悩んだ回でした。でも壊す要素が見当たらなかった。しょうがないね。

それと。トップページに応援バナー。

数多いとか言われてもいい、董卓軍は全員応援している! リンク貼らせて頂いて、ページ確認したらすごいことになってました。

私は画面左側に常にお気に入り欄を固定表示させているので、華雄一人が下にずれます。

サイトデザイン滅茶苦茶に。センスの無さが露呈している orz

しかし一番目立つところに置きたかったので。まぁ今後、他に移動させる可能性もなきにしず。

さて、あとがきらしく締めようかと。

次回のサブタイトルは未定。更新日時もいつになるのか未定です。まだ下書きも終わっていないので。

次話は今話のようなシーンカットは多用しないと思います。

以上、それでは!

  
2010.05.01 Sat l 連載モノの「あとがき」 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。