上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
>かみなる獣おもしろかったです。続き楽しみにしています、舞-HiMEの作品もおもしろかったです。迷惑かもしれませんががんばってください!!
>かみなる獣おもしろかったです。続き楽しみにしています、舞-HiMEの作品もおもしろかったです。迷惑かもしれませんががんばってください!!
>かみなる獣おもしろかったです。続き楽しみにしています、舞-HiMEの作品もおもしろかったです。迷惑かもしれませんががんばってください!!
>かみなる獣おもしろかったです。続き楽しみにしています、舞-HiMEの作品もおもしろかったです。迷惑かもしれませんががんばってください!!


大事なことなので4回いったんですね、わかります。

ありがとうございます。おもしろかった、その一言で当方は狂喜乱舞です。迷惑だなんてことは絶対にないのでご安心ください。若輩者ですが精一杯がんばっていきます。
スポンサーサイト
2009.06.30 Tue l web拍手レス l COM(0) TB(0) l top ▲
そういえば 「あとがき」 書いてなかったなー、と思い出し、筆を執る。この場合はキーボードを叩くといった方がいいかもしれないけど。

まず、第二章の話。

第二章は全体として反董卓連合のことに終始していました。大筋は原作と変わりありません。わざとです。

原作と大きく異なっているのは、ストーリーからの華雄離脱がないこと。
水関か洛陽か。ルートによって異なりますが、原作では反董卓連合が終われば華雄は出ないですから。

しかし 『かみなる獣』 では最後まで出続ける予定。メインキャラの一人だと作者的には思ってますよ?

次、第三章。

董卓軍はバラバラに。とりあえず現在地は→恋、音々音、華雄の三人は徐州。黒と霞は魏。月と詠は「???」。

第三章ノ一では既に風が出ていますが、時間はそれほど経ってないです。確か原作では登場もっと後だったはず(汗

前倒ししたのは理由があります。言えないですが。

一応、他のキャラでも考えましたが、風がベストだと思ったので。
桂花とでは罵られるだけだろうし、凪でもいいかなと思いますが。あとは秋蘭くらいか。霞は外すのが必然なので。

ぼかして言うのは難しい……(汗

第三章ノ一は黒の視点だと割りとのんびりしてますが、霞サイドは結構シリアスだったりするという罠。

現在、シリアス書きたくないでござる、な状態なので表立ったことはないですが。いつか書かないといけないんだろうなぁ……

シリアス書きたくないでござる。

それはそれとして。本文、恋姫を知らない人には優しくない書き方で申し訳ない。実は、まだまだキャラ増えるんだ……。

では、本日はこれにて。
2009.06.28 Sun l 連載モノの「あとがき」 l COM(0) TB(0) l top ▲
>こうくるとは思わなかった

作者自身、こうなるとは思わなかったという(笑)
しかし意表をつけたのならそれはそれで嬉しいような気がします。


>かみなる獣、サイコー!! これからも頑張ってください。応援してます!

ありがとうございます! サイコーだと言ってくださる貴方がサイコーだ!!
頑張ります。応援もありがとうございます。ご期待に応えられるよう精進していく所存です。
2009.06.27 Sat l web拍手レス l COM(0) TB(0) l top ▲
>いつも作品読ましてもらってます。おもしろいです・・・続きを楽しみにまってます・・・・がんばってください!!

ありがとうございます!
がんばりました、がんばった甲斐あって更新できました。これもひとえにコメントしてくださった方のお蔭です!! これからも、がんばっていこうと思います!


拍手ボタンを押してくれた方々にも多大なパワーを頂きました。ありがとうございました!!
2009.06.26 Fri l web拍手レス l COM(0) TB(0) l top ▲
シリアス書きたくないでござる。
2009.06.24 Wed l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
web拍手にSS 「日々虎々、涼州滞在編」 その3を追加。

その1、その2とは別のページにあり。本当は一緒にしたかったのだけど、10000字以内という制限があったので別ページへ。

例によって中身はあまりないです。

こういう中身のない短い内容だったら10は軽く書ける。

ごめん、嘘。5くらいが限界。



最近はシークレットゲームやり直しながら 『真・恋†無双』 の第三章のプロット組んでます。ちょくちょく他の事に浮気するのが悪い癖。

「NanohaWiki」 眺めたり、書くのかどうかも分からないプロット作ったり。

次の更新は、おそらくシークレットゲームSSか第三章ノ一になると思います。

では。
2009.06.19 Fri l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲

『真・恋†無双 ~かみなる獣~』 に関するアンケートの件。

数々の投票とコメント、双方とてもありがたく受け取らせていただいております。

この場にて厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。
まぁ、まだ終わってませんが。

コメントの返信は纏めてか個別になるか分かりませんが、必ずいたします。拙作の感想をコメント欄に書いてくださった方もいるので。

投票していただいた結果は (まだ途中ですが) 貴重なご意見として参考にさせていただきます。





一言。
恋の人気っぷりに吹いた。
2009.06.17 Wed l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
第二章ノ六、執筆終了。

これで第二章は書き終わったー。……けれど次の幕間まで書かないと章を完全に終えた気がしないので、手放しでは喜べない。

五は少し短かったけど、六は普通。というか三とか四が目安より異常なくらい長かっただけという。
幕間は短いから、ささっと書き上げたいところ。

さて、それが終わったら第三章の前に、シークレットゲームのSS書こう(ぇ

なんかネタが降ってきたのでチャレンジしてみます。書き上げられるかどうかは分からないですが。
とりあえずゲームやり直して、ストーリーと設定の確認、キャラの性格を把握くらいはやってからじゃないと書き始められない。

あと 『真・恋†無双』 の番外短編も書きたいし。

もう一つ、中編くらいの長さのSSが書きたいなぁーと。

「リリカルなのは」 のSSで無印再構成(?)+憑依モノ。これもネタが降ってきたので是非やってみたい。
しかしアニメ見直して設定ー……、設定多そうだなぁ。調べる必要あり。

無印(1期)だけならキャラの数は少ないし、それは何とかなるはず。

まぁ、プロットだけ組んで放置って可能性もなくはない。

とにかく、やれることからやっていこうと思う。と、第二章ノ六の更新はもう少し後ということで。ではでは。
2009.06.13 Sat l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
原作、「恋姫†無双」が手に入ったこの頃。どうも、イナ月です。

んで、無印の方が手に入ったというか、プレイできる環境に現在あるわけです。まだ手付かずですけど。
執筆作業やリアルの生活やらがあるので時間ががが。とりあえずゲームより執筆優先でやってます。

まぁ、恋姫世界をより理解するために、そしてイベント被りを防ぐために早めにプレイすべきですが。
キャラの過去について描写されたりしているのだろうか。それが一番気がかりだったりします。

さて。

第二章ノ五ですが、あとがきが書きにくいです。

意外に孫策が書きやすい……というかフリーダムな感じで。書きやすいのはいいことですが、御せないこの感じは下手すると何かやらかしそうな気がします。

しかし、孫策だったらもう少し違った考え方するかも……と書いていて思ったり…(汗

……あまり内容に触れずにあとがきって書けないものです。

まぁ下手なこと言って自らの首を締めることになるのは避ける方向ということで。

今回で2話連続、恋が登場してません。
次回は出ます。

第二章ノ六 『我屍越征(わがしかばねをこえてゆけ)』

まだまだシリアスです。
2009.06.09 Tue l 連載モノの「あとがき」 l COM(0) TB(0) l top ▲
>凍結、となっていますが、再開されることを希望します。

す、すいませんっ。『舞-HiME 運命の系統樹 ― Another days』 は少し内容に思うところがありまして…っ。
ここだけの話、書き直そうかと考えていたりします。おそらく、凍結が解除された時は改訂版になると思います。
再開の目処は立っておりませんが、その時までお待ちいただけると幸いです。
2009.06.05 Fri l web拍手レス l COM(0) TB(0) l top ▲
ようやく拍手SSの差し替え完了。

「真・恋†無双」 に関するSSです。

時系列的には第一章と第二章の間の話。のんびり日常の涼州滞在編となります。非常に短いけど。

現在はその1とその2。一応、その3も考え中。暇をみつけて少しずつ書き進められれば、と思っています。

第二章ノ五は三分の一くらい書き終わったところ。

以上、事務的な連絡でした。
2009.06.04 Thu l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
第二章ノ四を更新。

三と四はいずれ合わせるつもりでありますが、そうすると容量が38kbくらいになるなぁーと地味に最長記録を更新する予定。

さて。

今回の話の内容、ついてこれてますか。

と、作者として少々疑問。

霞と春蘭のやり取りは原作そのままなのでいいんですけど(ぇ
他のところは違いますから心配。ちなみに作者はついていくの精一杯です。時々キャラが勝手に喋るし勝手に動く、今回もそんな感じ。

しばらく好きにさせる方向でいきます。

黒は人の形態だと雑兵以下、というか一般人並なので死亡フラグの話どころじゃないけど…まぁなるようになるか。

ともかく、あと二つで第二章が終わりますよっと。

囮とか逃走の際に何か別の方に敵の意識を向けさせるという手を使うの何度目だろうと思いながら。
イナ月でした。

追記。
「かりんルートIF」 と 「主力武器はトラック」 を短編にぶち込み完了。
2009.06.02 Tue l 連載モノの「あとがき」 l COM(0) TB(0) l top ▲
>舞-乙HiMEの世界に高村恭司を放り込んでみたⅡの続きが気になります

そう言って頂けるとは嬉しいです。
構想はできているので、いつか形にできたらっ!と思っております。
2009.06.01 Mon l web拍手レス l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。