上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
先日、スーパー (マ○キョウ) に買い物に行ったのです。その店内で流されていたのが、なぜか 「リリカルなのは」 のオープニング曲でした。

以前は 「灼眼のシャナ」 の曲を流していたこともあったし、「創聖のアクエリオン」 なども。だからといって、そういう曲ばかり流してるわけでもない。

何を基準に流しているのだろうか。


些細な前書きはさておき。

「舞-HiME ~盲目の舞手~」 の第10話を更新。何とか間に合いました。というより、間に合わせました。
間に合わないかもしれないと思ったけれど、やればできるものだ。

盲目の舞手は伏線は分かりやすくして書いているのですが、大丈夫かと不安にもなります。書き方が直接ではなく、遠回しなので (汗)


来月には 「ウイルスを持つ末裔」 を書き直して、連載再開できればいいなー……と。
スポンサーサイト
2008.07.31 Thu l 連載モノの「あとがき」 l COM(0) TB(0) l top ▲
「本を読め」
――ずいぶんと前に、そんなことを言われた経験のある自称物書きのイナ月です。どうも。

その一言は、私が書いたオリジナル小説を読んだ実の兄に言われたものです。普段から遠慮など微塵もないので、それが正直な感想だったのでしょう。

というか、勝手に読んでおいて最初の言葉がそれですか。

閑話休題。

「本を読め」 つまり、暗に 「基本を学べ、まず小説の書き方を知ってこい。お前はまだ書く段階じゃない」 ということだったのだと思います。

言われたその時に私はただ、そうか、と思っただけでした。

落ち込むことはなかったですし、何より自分が未熟なのはわかっていましたから。ただ単に、物語を作るという行為が楽しかっただけの時期でもありましたから。

「本を読め」 と、今言われたら、多少は落ち込むと思います。それは成長していないということだから。

まぁ、つまり何が言いたいのかというと、
おかしいと思ったところ、気になった点やここはこうした方がいいんじゃないか、矛盾している等の指摘は歓迎します。
ということです (話飛ぶなー

とは言うものの、サイトでは難しいか、とも思います。

どこか別の場所で修行をするしかないか……。さすがに、二次創作は家族や友人には見せられないから。
2008.07.29 Tue l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
「舞-HiME ~盲目の舞手~」 の第10話 を31日に更新……できれば。1日になったらアウトだから、自分の中で。

それはそうと。

「舞-HiME 運命の系統樹 ~ウイルスを持つ末裔~」 は書き直しのため、今は読めなくなっています。
2008.07.28 Mon l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
>乙in恭司、楽しませて頂きました。でもおまけのこれは後を引く終わり方、続きを期待するなというのが難しいです(w)。ともあれ、シズルとの掛け合いと妙に張り合うナツキには改めて楽しませて頂きました(w)

楽しんで頂けたならば幸いです。
おまけが後を引く感じになってしまったのは、書いている最中は連載モノと同じような感覚で書いているからです。
その時に一応、続きを考えていたりするのですが (←ここだけの話)  書けるかどうかは別なんです (汗)
恭司とシズルとナツキ、この三人は書いている方も楽しいです。ナツキは (恭司もですけど) いろいろと振り回されていればいいと思う (ぇ
では、感想ありがとうございました。
乙in恭司、略はそれでいきましょう。


>拍手SS読みました。これからも暑い日が続くので体に気をつけてください。頑張ってください。

読んで頂き、どうもです。
最近は真夏日が続いてますから、確かに気をつけなければいけないですね。お気遣い頂きまして、ありがとうございます。
応援の言葉も嬉しいです。重ねて、ありがとうございました。
2008.07.26 Sat l web拍手レス l COM(0) TB(0) l top ▲
web拍手お礼SSを変更、もしくは差し替え。

「盲目の舞手」 の10話をあと一週間で書き上げなければならない。終わるかどうか正直、微妙なところです。

追記。

差し替えた拍手お礼SSを修正。ページ3に若干、加筆しています。修正は24日、午後9時に行いました。
2008.07.24 Thu l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
サイトを閉鎖する、という文章を見ると、いつだって寂しくなります。特に、自分が気に入っていて日参しているサイトだったら尚のことです。

仕方ないことだと、いろいろと事情 (私情) があるのだと分かっています。

それでもやはり、寂しくあり。


私自身、いつまでサイトを運営していくのか分からないです。
今の状況がいつまでも続いていかないことは知っています。いつか、銀奏というサイトも閉鎖することになるのでしょう。
私が二次創作を書かなくなる時も来ると思います。

何にでも、終わりはある。

その終わる時に……その時までにやってきたことを後悔しないように、私は今を力の限り頑張るしかないのです。


と、シリアスな文章になりました。


最後に、勝手な叫びを少し。

サイト閉鎖は残念です。
しかし、運命の系統樹の小説を完結して頂けるとの言葉、嬉しいです! 今、連載しているのも好きですが、前のものも好きでした!
二人と一人の続き、期待しております! 今まで楽しい時間をありがとうございました!

こんな場所に書いても意味がないので (じゃあ何故書いた
もう少し文章を考えて伝えようかと。

想いは口にすると軽くなる (だったか?) というのも分からなくはないのですが、伝えたいことは伝えるべきだ。
伝えようと思っていて、そのまま永遠に伝えられなくなることがあると知っているから。
2008.07.22 Tue l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
>Another days最新話、読ませて頂きました。遥が恭司のネクタイ締め直すところで、ワオとか思ったり(w)。意外とこの二人も悪くないのでは、と(w)

読んで頂きまして、ありがとうございます。そのうえ感想まで、重ねて、本当にありがとうございます。
恭司と遥ですか。二人はゲーム中にほんとんど接触がないので、どんな風に接するのか想像し、試行錯誤しながら書いています。
いつか恭司×遥を……書くかどうかは分かりませんがw 。その前に遥を書くことに慣れなければいけませんけどw
まぁAnother daysではないですが。
遥と雪之 (←なぜかセットで登場させやすい二人) は今後も出していこうと思っています。好ご期待!(何を
2008.07.21 Mon l web拍手レス l COM(0) TB(0) l top ▲
第2章の4を更新しましたー。

「Another days」 は1章~3章までは一つ一つの長短が激しく変わると思います。物語時間の一日一日を分けているからです。

ああ、それにしも、早く第4章が書きたい。
2章はストーリー的にはあまり進まないので、少々退屈といいますか…。序章から続いている色々な埋め込み作業は大切なので、適当にするわけにもいかないですけど。


さて、そろそろ 「盲目の舞手」 も書き出さなければいけない頃です。

8月1日までに10話を書き上げなければ。

拍手お礼SSの差し替えはもうちょっと待ってください。書いてたらおかしなことになりまして、急ぎプロットから立て直してます。

それにしても、普段は三人称だから一人称は少し難しい。
2008.07.19 Sat l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
19日 (土) に更新します、と報告。

更新の内容は 「Another days」 の第2章の4です。4は単体でも大丈夫なので、連日更新はしませんよー。
あと、4と一緒に前回更新したものの3つ (1,2,3) に修正入れます。


「舞-乙HiMEの世界に高村恭司を放り込んでみた」 の続きも更新 (というか差し替え) したいのですが、まだ書き終わってない… orz

もう内容が少々強引でもいいかなぁと思ってたりします。ネタSSだし。


話は変わって 「ウイルスを持つ末裔」 のこと。

話題に出すのも久しぶりな感じです。
まぁとにかく、いろいろ考えた結果――というかまだ考えている途中のような気もしますが、プロットから作り直す!

正確には、プロットの一部を壊します (付け足したり、削ったりして) 。

そして、プロローグ~だいたい8,9話くらいまで書き直す。

といっても、今まで書いた内容に大幅な変更はないと思います。
ただ単に、読み直したら書き直したい衝動に駆られただけなので (過去に書いた作品って目を覆いたくなる箇所が多すぎる)

考えながらゆっくりやっていきます。ので、本格的な凍結解除はまだまだ先になります。ホント、待たせてしまって申し訳ないです。

とりあえず、ヒロインは結城奈緒でいいですか?
2008.07.17 Thu l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
現在、 「舞-乙HiMEの世界に高村恭司を放り込んでみた」 (←打ってみると実感する、タイトル長いなぁ) の続きと 「Another days」 を並行して執筆中。


「Another days」 の方はわりと順調です。

しかし、「舞-乙HiMEの世界に高村恭司を放り込んでみた」 は少々詰まり気味。一発ネタだったから、続きのプロットから作らなければならないので。

それにしても、

月も半分過ぎたのに拍手お礼SSが先月のままだ!

……すいません orz
そして。そんな状態だというのに拍手押してくれる方々がいらっしゃる、本当にありがとうございます (平伏)

暑さに負けず頑張らないとー
2008.07.15 Tue l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
何とか更新完了。
がんばった、がんばったよ……ぼくはもう疲れたよ、パトラッシュ… (誰


まぁ、更新完了といっても、「2」 は後でちょっと修正入れるかもしれないのですが。←他のより長いから、いろいろと見落としがありそうなのです。

ところで。

第2章で出てきたオーファンはオリジナルです。ゲームから、というのは少し厳しくなってきましたので。
蛇みたいなヤツとの戦闘はもう2回書いているし (ウイルスとアナザーで) 、炎を吐くヤツも2回書いています (ウイルスで) 。
さすがに何度も書くと飽きるので、オリジナルでいいか、と。

ゲームで出ていた人型は林間学校で書くから使えない。あと鳥みたいなのもいた気がしますが、まぁそれは置いといて(?)

ちなみに、オリジナルオーファンはこれから他にも出ます。


第2章は全体的にほのぼのというか、穏やかな感じです。たぶん。

それにしても、遥はあんな感じでいいのかと思っていたりします。動きが活発な人は書きやすいのですが、遥はどうにもまだ書き慣れていないです。
というか、ゲームでは出番ほとんどないので、アニメで補ってるような。

それでは、本日はここで。
2008.07.11 Fri l 連載モノの「あとがき」 l COM(0) TB(0) l top ▲
とりあえず更新……ですが。

すいません、 「第2章の2」 は明日 (10日) 載せます。そして 「第2章の3」 は明後日 (11日) 載せます。
時間がなくて3つ一気に最終チェック (誤字脱字など) をする余裕がなくて。

では。
2008.07.09 Wed l 連載モノの「あとがき」 l COM(0) TB(0) l top ▲
明日か明後日あたりに更新できると思います。

それにしても、暑くなってきたなぁ。
2008.07.07 Mon l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲
7月4日(金)分。

>静恭が最高!

ありがとうございます!
静恭はこれからも書いていきますので!!
2008.07.06 Sun l web拍手レス l COM(0) TB(0) l top ▲
「盲目の舞手」 を更新したけれど、忙しさにあとがきを今日まで書けずにいた。――ということで、第9話のあとがきです。

とはいえ、9話は10話と話が続いているので、内容的にはあまり書くことはないのですが。

敢えて書くとすれば、
椋也と碧が会うシーンでなぜ、椋也が立ち止まったか。

彼は大抵、匂い (や声) で個人を判別しています。
この時は他の匂い (戦車や、普段嗅がない匂い) が学園中に漂っていたため、碧だと断定できなかったのです。
ただし、誰かがいることは匂いで分かったため、敵かもしれないという可能性を考慮して立ち止まった。
――ということです。

それにしても、9話の冒頭 (タイトル前) は10話のエピソードと関連付けているので、10話は早めに更新したかったがそういうわけにもいかなくなった。

暇がない… orz


ところで、今回も一周年のアンケートからコメントを一部抜粋。


>仲良しハーレムもの?オチは・・・

ハーレムものは設定を無視すれば書けると思います。運命の系統樹の設定だと、ハーレムって死亡フラグどころの話じゃない、生き残れないっ…!w
ちなみに、ハーレムといっても全員は難しい (登場させ、ストーリーに絡めるのが) ので、3~5人、一応、誰がいいか訊いてみたり…

>カップリングではなくドタバタ物をw勿論、恭司には大変なめに

ドタバタは私も好きです。日常の中でのドタバタ喜劇を希望。いえ、書き手が希望してどうするんだって話ですが。
オチにも使える、主人公の災難w

>盲目の舞手とウイルスを持つ末裔の続きを希望

おぉー、そう来ましたか。
「盲目の舞手」 があって、やる気が上がりました。 「ウイルスを持つ末裔」 は……待たせてしまっているようで、すみません!(平伏)


と、コメント返し終了。

今は候補から選んでいる状態なので、希望はコメント欄にがっつり書いていただいて良いですよー。
というか、一周年企画は関係なく、書くといつかその希望が叶う場合があるかもしれないです。

では、本日はここまで。
2008.07.03 Thu l 連載モノの「あとがき」 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。